富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 2677
  • 公開日時 : 2018/10/24 14:43
  • 更新日時 : 2022/09/02 17:43
  • 印刷
ALL

beat/anti-virusのマニュアルスキャンオプションについて

beat/anti-virusのマニュアルスキャンオプションについて
カテゴリー : 

回答

beat/anti-virus(WithSecureTM Elements Agent)のマニュアルスキャンには2種類のオプションがあり、
スキャン開始前にあらかじめ設定をしておく必要があります。
設定手順は下記の内容をご確認ください。
 

マニュアルスキャンオプション設定手順

  1. タスクトレイから「WithSecureTM Elements Agent」のアイコンを右クリックします。

     
     
  2. メイン画面下側の「設定」をクリックします。

     
  3. 設定画面左下「一部の設定を編集するには管理者権限が必要です。」の「設定を解除する」をクリックします。
     
     
  4. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら[はい]をクリックします。

     
  5. 左側メニューより「スキャン設定」を選択します。
     
     
  6. 表示されたチェックボックスにチェックを入れることで、スキャンオプションを設定できます。
 
以上で、マニュアル スキャンオプションの設定は完了です。
 

各スキャンオプションについて

  • 有害なコードを一般的に含むファイルタイプのみをスキャン(高速)

    すべてのファイルをスキャンしたくない場合に選択します。
    次のファイル形式は、このオプションを選択したときにスキャンされるファイル タイプの例です。
    ------------------------------------
     com、doc、dot、exe、htm、ini、jar、pdf、scr、wma、xml、zip
    ------------------------------------
     
  • 圧縮ファイルをスキャン(低速)

    圧縮されたアーカイブ ファイルをスキャンできます (例: ZIP ファイル)。
    このオプションを選択すると、スキャンの速度が遅くなります。

    オプションを選択しない場合、アーカイブ ファイル自体はスキャンされますが、
    アーカイブの中にあるファイルはスキャンされません。

    ※アーカイブファイルとは、複数のファイルをまとめて一つのファイルへ変換したファイルの事を指します。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。