富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 33418
  • 公開日時 : 2021/05/11 17:18
  • 印刷
activebasicbasic2

固定IPアドレス確保手順

固定IPアドレス確保手順
カテゴリー : 

回答

サーバーや複合機など、IPアドレスを固定して運用する機器がある場合は、
割り当てたいIPアドレスをあらかじめ確保してください。
 
高度な設定ページの [ DHCP設定 > 固定IPアドレス確保 ] 画面で、確保できます。
 
確保したIPアドレスは、beat-boxのDHCP機能で割り当てられるIPアドレスからは除外されます。
確保できるIPアドレスの上限は、253個です。
 
手順の詳細は、下記を参照してください。
 

注意事項

  • IPアドレスを正しく割り当てないと、対象機器以外の機器の通信を妨げることがあります。
  • DHCPにより自動割当済みのIPアドレスや、固定IPアドレスとして確保済みのIPアドレスは、確保できません。
  • IPアドレスを指定しない場合は、任意のIPアドレスが確保されます。
  • 確保した固定IPアドレスを利用するには、対象機器に対してIPアドレスの設定が必要です。
 

固定IPアドレス確保手順

  1. beat設定ページ [ 設定 > 高度な設定 > 設定 > DHCP設定 > 固定IPアドレス確保 ] へアクセスします。
    ※beat-box責任者アカウントでのみアクセス可能です。 beat設定ページのアクセス方法についてはこちら
     
  2. 表示されたメニューから「確保」を選択します。

     
  3. 「利用目的」に対象機器の名称等を入力し、「確保」をクリックします。
    IPアドレスを指定して確保したい場合は、「IPアドレス(オプション)」に数値を入力してください。指定がない場合は、任意のIPアドレスが確保されます。

     
  4. 下の画面が表示されれば、固定IPアドレス確保は完了です。

     
以上で固定IPアドレスの確保は完了です。
以降は機器側で、確保した固定IPアドレスの設定をおこなってください。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。