富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 38837
  • 公開日時 : 2021/09/02 14:57
  • 印刷
ALL

パケットフィルター設定方法《サービス定義》

パケットフィルター設定方法《サービス定義》
カテゴリー : 

回答

プロトコルとポートの組に対してサービス名をつけることができます。
ここで指定したサービス名を「フィルター変更」のページで制限したい通信として使用します。

最大で50件指定可能です。[サービス名]、[プロトコル]、[ポート]はすべて指定する必要があります。
 

注意事項

  • システムにあらかじめ設定されている下記のサービス定義は、変更または削除できません。
    -----------------------
    ・ALL
    ・FTP
    ・DNS
    ・HTTP
    ・NETBIOS
    ・ICMP
    -----------------------
  • サービス「ALL」は、TCPおよびUDPのあらゆるポートを対象とします。使用する際は、充分な注意が必要です。
  • 「フィルター変更」にて使用中のサービス定義は、変更または削除できません。
 

設定例

下記の設定例を基に、設定方法を説明します。

インターネット通信のみを制限するために必要なプロトコルを定義する
セキュリティー付きのWebサイト(httpsプロトコル:ポート番号443)を定義する
 

サービス定義設定方法

  1. beat設定ページ[設定 > 高度な設定 > 設定 > パケットフィルター設定]へアクセスします。
    ※beat-box責任者アカウントでのログインが必要です。 beat設定ページへのアクセス方法はこちら

     
  2. メニュー一覧の「サービス定義」をクリックします。

     
  3. サービス定義画面で下記のように設定し、「次へ」をクリックします。
    --------------------------------------------------------------
    ・サービス :https
    ・プロトコル:TCP
    ・ポート :443
    --------------------------------------------------------------

     
  4. 確認画面が表示されるので、「設定」をクリックします。

     
  5. 下の画面が表示され、サービス定義が完了します。
 
以上で、「サービス定義」の設定は完了です。
 
続いて「ネットワーク定義」を設定し、対象PCのIPアドレスを登録する必要があります。
「ネットワーク定義」の手順については下記のFAQを参照してください。
 

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。