富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 1709
  • 公開日時 : 2018/05/15 16:41
  • 更新日時 : 2021/11/01 15:14
  • 印刷
ALL

接続制御機能でブロックされないように、あらかじめ必要なサイトへのアクセスを許可するには?

オンラインバンキング利用時、業務上必要なイントラサイトなどへのアクセスも、接続制御機能でブロックされてしまいます。
あらかじめブロックされないように許可することはできますか?
カテゴリー : 

回答

beat/anti-virus(F-Secure Elements Agent)の「許可リスト」にアクセスしたいサイトのドメインを登録する必要があります。
詳細な手順については、下記を参照してください。
 

アクセス許可リストへサイトドメインを追加する手順

  1. タスクトレイから「 F-Secure Elements Agent 」のアイコンをクリックします。
    【タスクトレイとは】
    スタートボタンのあるタスクバーの端、
    時計や音量などのアイコンが表示されている箇所です。
    「 F-Secure Elements Agent 」のアイコンが表示されていない場合は、
    矢印をクリックし、隠れているアイコンを表示させてください。
  2. F-Secure Elements Agent 「メイン」画面下側、「設定」をクリックします。

     
  3. 左側メニューより[セキュア ブラウジング]を選択します。

     
  4. 「レピュテーションベースのブラウジング」項目の「web サイトの例外を表示」をクリックします。

     
  5. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら[はい(Y)]をクリックします。

     
  6. 左上の許可が選択されていることを確認し、「新規追加」をクリックします。

     
  7. アクセスを許可するページのアドレスを下記形式(FQDN)で入力し、[OK]をクリックします。
    《例》登録するアドレスがhttp://www.net-beat.com/securitytrend/index.htmlの場合、www.net-beat.comを入力してください。

     
  8. アクセスを許可するサイトが「Webサイトアドレス」のリストに追加されたことを確認します。

     
  9. 画面右上[×]をクリックし、画面を閉じます。

     
以上で、アクセス許可リストへサイトドメインを追加する手順は完了です。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。