富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 1983
  • 公開日時 : 2018/11/14 09:46
  • 更新日時 : 2022/09/02 17:51
  • 印刷
ALL

beat/anti-virusのスキャン対象から特定のファイルやアプリケーションを除外したい

beat/anti-virusのスキャン対象から、特定のファイルやアプリケーションを除外したい。
カテゴリー : 

回答

除外リストについて

「アプリとファイルの制御」画面で、除外したい対象を指定し、リストに追加してください。
追加可能な対象は下記のとおりです。

  • 特定のファイルやフォルダー
  • アプリケーションの実行ファイル(exe)
     
beat/anti-virus(WithSecureTM Elements Agent)の除外リストは、
リアルタイム スキャンやマニュアル スキャンなど、各種のスキャンで共通です。
 

除外リスト設定手順

  1. タスクトレイから「WithSecureTM Elements Agent」のアイコンを右クリックします。

     
     
  2. メイン画面下側、右端の「追加オプション」から「隔離保存と例外」をクリックします。
     
     
  3. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら[はい(Y)]をクリックします。

     
  4. 「アプリとファイルの制御」画面が開きます。
    「除外」を選択し、[新規追加]をクリックします。

     
  5. 「スキャン対象から除外」画面より、
    スキャン対象から除外したいファイル名またはアプリケーション名を選択し、[OK]をクリックします。

     
  6. 「アプリとファイルの制御」画面に戻ります。
    対象のファイルまたはアプリケーションが一覧に追加されていることを確認し、画面右上[×]で閉じます。
 

以上で、スキャンリストの除外設定は完了です。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。