富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 39512
  • 公開日時 : 2021/09/02 17:12
  • 印刷
activesolobasicbasic2

アクセス履歴の保存設定手順

アクセス履歴の保存設定手順
カテゴリー : 

回答

アクセス履歴の保存設定はbeat設定ページからおこないます。
詳細な手順については、下記を参照してください。
 

注意事項

  • 保存期間設定を延長した場合でも、ただちに過去にさかのぼってログをダウンロードできるわけではありません。
    たとえば、保存期間設定を3日間から7日間に変更しても、設定直後にbeat-boxに保存されているログは3日前までです。
     
  • 保存期間設定を短縮した(例:14日間から7日間に変更)場合、短縮分のログはただちにダウンロードできなくなります。
     
  • 履歴保存期間で設定した期間分、必ずしも履歴が記録されるわけではありません。
    履歴ファイルの使用量が履歴ファイルの保存領域を超えた場合は、
    一番古い日付の履歴ファイルを削除し、領域を確保します。
     
  • はじめて履歴保存領域を確保したときや、保存容量を増加させる場合、保存領域のフォーマットが行われます。
    業務時間外などbeat-boxへのアクセスが少ない時間帯に行うことをお勧めします。
     
  • 履歴保存領域のフォーマット中にbeat-boxを強制終了しないでください。
    フォーマット中に強制終了した場合、履歴ファイルが消去する可能性があります。
 

アクセス履歴の保存設定手順

  1. beat設定ページ[設定 > 高度な設定 > 表示 > アクセス履歴]へアクセスします。
    ※beat-box責任者アカウントでのログインが必要です。 beat設定ページへのアクセス方法はこちら

     
  2. メニュー内の「履歴保存設定」をクリックします。

     
  3. 履歴保存設定が表示されます。

     
  4. 履歴保存期間内のプルダウンを「有効」に変更します。

     
  5. 履歴保存期間を設定します。
    保存期間は「1~31日間」の範囲で指定できます。

     
  6. 履歴ファイルの保存領域をプルダウンから選択します。
    「0MB」から「1000MB」の範囲で、100MB単位で選択できます。

     
  7. 取得履歴から取得する履歴の種類を選択し、「追加→」をクリックします。

     
  8. 手順4~7の操作完了後に「次へ」をクリックします。

     
  9. 確認画面が表示されます。
    設定内容に問題が無ければ「設定」をクリックします。

     
  10. 下の画面が表示されます。
    以上でアクセス履歴の保存設定は完了です。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。