富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 55165
  • 公開日時 : 2022/05/20 15:17
  • 更新日時 : 2024/01/10 16:54
  • 印刷
activesolo

【セキュリティー】メールセキュリティー設定

beat-boxで暗号化通信メール(IMAP、SMTPS、POP3S)をウイルスチェックできるか
カテゴリー : 

回答

”activeおよびsoloサービスのbeat-box-mini3”では、暗号化通信メールをウイルスチェックできます。
ウイルスチェック対象のメール通信詳細は「FAQID:63574」をご確認ください。
 
メールセキュリティー設定がメール通信に関する通信制御およびウイルスチェックの設定です。
詳細な設定手順は下記を参照してください。
 

メールセキュリティー設定の利用方法

  1. beat設定ページ[ 設定 > 高度な設定 > Web&メール&FTPセキュリティー設定 ]へアクセスします。
    ※beat責任者アカウントでのログインが必要です。beat設定ページへのアクセス方法はこちら

     
  2. 表示されたメニューから「メールセキュリティー設定」を開きます。

     
  3. 赤枠内の各項目をプルダウンの選択肢から選んで、変更してください。
    項目名 プルダウン種類 説明
    IMAP通信制御※1 通過

    IMAP通信のメールを通過させます。
     
    遮断※2

    IMAP通信をメールを遮断します。
     
    インスペクション※3

    IMAP通信の受信メール内容をウイルスチェックします。
    IMAPS通信の受信メールは「SSLインスペクション設定」に依存します。
     
    SSLインスペクション設定※1 通過
    IMAPS/SSL/TLS/STARTTLS通信による
    メールを通過させます。
     
    遮断※2
    IMAPS/SSL/TLS/STARTTLS通信による
    メールを遮断します。
     
    フルインスペクション

    IMAPS/SSL/TLS/STARTTLS通信による
    送受信メールの内容をウイルスチェックします。※4
     
    遮断時の
    beat-box責任者への
    メール通知
    通知する※2
    メール通信を遮断した場合、
    beat-box責任者にメールで通知します。
     
    通知しない
    メール通信を遮断した場合、
    beat-box責任者にメールで通知しません。
     
    1 ウイルスチェック対象のメール通信詳細は「FAQID:63574」を参照してください。
    2 新規設置時の初期値です。
    3 各OSやメールソフトに対して、一部制限事項があります。詳細は「FAQID:50220」をご確認ください。
    4 暗号化された通信をウイルスチェックするには、PCに証明書のインストールが必要です。詳細は「FAQID:1836」をご確認ください。
     
  4. 変更後「次へ」をクリックします。

     
  5. 確認画面が表示されるので「設定」をクリックします。

     
  6. 下の画面が表示されます。以上で設定完了です。

FAQは役に立ちましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。