富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 44726
  • 公開日時 : 2021/10/04 13:34
  • 印刷
ALL

リモートアクセス接続後、リモート先PCの画面が表示されない

リモートアクセス接続後、リモート先PCの画面が表示されない
カテゴリー : 

回答

「beat リモートアクセスサービス」は、出張先や自宅の端末から安全にオフィスのLANへアクセスすることを可能にするサービスです。
そのため、リモートアクセス接続後にオフィスLAN内の個人PC画面等は表示されません。
 
オフィスLAN内の個人PC画面を表示させたい場合は、「リモートデスクトップ接続」等のアプリケーションをご利用ください。
Windowsの「リモートデスクトップ接続」をご利用する際の確認事項については下記のFAQを参照してください。
 
 

beat リモートアクセスサービスの特徴と機能

どこにいてもオフィスの情報が利用できます

PCでインターネットに接続する環境があれば、外出先や出張先、自宅などから、オフィスに接続し、
サーバーやPC、業務システムなどを利用することができます。
場所や時間に制約されずに情報資産を活用することで、業務の効率化を図ることができます。
 

高い安全性で情報漏洩リスクを軽減

リモートアクセスによる通信は、beat独自の認証方式・接続方式により保護されているため、
盗聴やなりすましによる不正アクセスを防ぎ、情報漏洩リスクを軽減します。
さらに、接続元のPCにはパスワードを特定する情報が記録されてないので、
万一PCが盗難にあった場合も、不正利用を防止することができます。
 

出張所などの小規模オフィスから接続可能

少人数の拠点から本社や本部などのネットワークにアクセスすることもできます。
拠点間で情報を共有・活用することで、効率的な業務が可能になります。
 

オプションのご契約で利用者全てがご利用可能

オプション契約により、beat-boxの標準利用者数全てにリモートアクセス権を付与することができます。
標準利用者数を超えてご利用いただく場合は、別オプション「beat利用者追加サービス」をご契約いただくことで利用者の増減が可能です。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。