富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 9210
  • 公開日時 : 2020/03/03 15:36
  • 印刷
activebasicbasic2

リモートアクセス接続が出来ません。「IPアドレスの空きがないため、beat-boxとの接続を切断しました。」と、エラーが表示されます。

リモートアクセス接続が出来ません。「IPアドレスの空きがないため、beat-boxとの接続を切断しました。」と、エラーが表示されます。
カテゴリー : 

回答

IPアドレス取得エラー

IPアドレスの空きがないため、beat-boxとの接続を切断しました。
beat-box責任者に、クライアントIP設定で、IPアドレスの空きを確保するよう依頼してください。
 
上記のエラーが表示される場合は、本FAQの対処方法を順にお試しください。
※「IPアドレス取得エラー」のメッセージが上記と異なる場合は、こちら
 
 

beat-access LE 最新版へのアップデート

初めに、beat-access LE(Windows)のバージョンを確認してください。
最新バージョンは、“2.1.0” です。
旧バージョンをご利用の場合は、最新バージョンにアップデートしてください。
 

各種ツールによる影響の確認

ネットワーク自動切換えツールの影響により、エラーが表示された可能性があります。
HP(ヒューレット・パッカード)製PCをご利用の場合、ネットワーク自動切り替えツールは下記名称で表示されているようです。
  • HP LAN/WLAN/WWAN Switching UWP Service
  • LAN/WLAN/WWAN Switching Service
  • LanWlanSwitchingService
     
※複数のツールが同時に存在するパターンを確認しています。ご注意ください。

下記手順を参照し、HP製ネットワーク自動切換えツールの影響か、ご確認ください。
 

HP製ネットワーク自動切換えツール一時停止手順

  1. キーボードの[Windows]キーを押しながら[R]キーを押します。
    「ファイル名を指定して実行」のウィンドウが開きます。

     
  2. 名前欄に「services.msc」と入力し、「OK」をクリックします。

     
  3. サービス画面が開きます。
    対象のサービス名を右クリックし、コンテキストメニューから、「停止」を選択します。
    HP LAN/WLAN/WWAN Switching UWP Service
    LAN/WLAN/WWAN Switching Service
    ・LanWlanSwitchingService


     
  4. 一時的にネットワーク自動切換えツールが無効になります。
 
以上で、ネットワーク自動切換えツールの一時無効化は完了です。
リモートアクセス接続が可能になるか、ご確認ください。

無効にしたネットワーク自動切換えツールは、PCを再起動することで、有効状態に戻ります。
【参考情報】

《ネットワーク自動切換えツールを、恒久的に無効にする手順について》

下記の手順をおこなうとネットワークの自動切り替え機能が恒久的無効になります。
影響に関しての詳細は、メーカーへお問い合わせください。
 
(1) 上記手順で、無効にしたサービスを右クリックし、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。
(2) 「スタートアップの種類」を「手動」に変更し、「適用」ボタンをクリックします。
(3) 「OK」ボタンをクリックし、プロパティ画面を閉じます。
(4)  PCを再起動することで、設定が反映されます。
 

《「HP Velocity」の影響について》

HP製ソフトウェア「HP Velocity」をアンインストールすることで、現象が改善する可能性があります。
「HP Velocity」はサポートを終了し、アンインストールが推奨されています。

また、HP から新たに「HP Velocity」をダウンロードをおこなうことはできません。
アンインストールの際はご注意ください。

HPのお知らせ内容およびアンインストールの手順については下記を参照してください。

HP Velocity - HP はサポートが終了した、HP Velocity のアンインストールを推奨
https://support.hp.com/jp-ja/document/c06281786
 

「beatリモートアクセス接続」アダプターの設定確認

IPアドレスの取得方法が「自動的に取得する」設定となっているか、ご確認ください。
確認手順は下記のとおりです。
 

「beatリモートアクセス接続」アダプターの設定確認手順

  1. コントロールパネルを開きます。
    [ スタートメニュー > Windows システム ツール > コントロール パネル ]
     
  2. 「ネットワークと共有センター」のカテゴリを開きます。 ※「小さいアイコン」で表示しています。

     
  3. 画面左側、アダプターの設定変更をクリックします。

     
  4. 「beatリモートアクセス接続」のアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

     
  5. 「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

     
  6. 下記の項目が選択されていることを確認します。
    選択されていなかった場合は変更して、「OK」をクリックします。

    ・IPアドレスを自動的に取得する
    ・DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する

     
     
  7. 設定画面を順に閉じ、設定を変更した場合はPCを再起動します。
     
  8. リモートアクセス接続が可能となるかご確認ください。
     

リモートアクセス接続時のIPアドレスを固定したい

「beatリモートアクセス接続」アダプターの設定で固定せず、beat設定ページで設定してください。
利用者ごとにIPアドレスを指定できます。手順は、こちら

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。